松阪市O様邸 全面改装工事

建設業知事許可(般-27)第13667号(建築工事業)
〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1799-3 三恵ビル1階

フリーダイヤル:0120-939-878 メールでのお問合せはこちら

リフォーム・増改築の施工事例

松阪市O様邸 全面改装工事

全面改装リフォームのご紹介です。
今まで上手く活用出来ていなかった、
23坪で鉄骨造2階建ての離れを、
4人家族が生活できるようにリフォームします。
増築などは行わず間取りを一新することで、
コスト面にも気を配りました。
特に階段の位置が変わると骨組みも変わってしまうため
構造躯体の補強が必要になったりと
余分な費用が発生する可能性があるからです。
また、今までは一切水廻りがなかったので
1階部分に水廻りを設け、2階は個室2部屋としました。

BEFORE

施工前2F平面図施工前1F平面図

AFTER

施工後1F平面図施工後2F平面図

今回のお住まいは、重量鉄骨造という事もあり、間取りの自由も大きかったので1階は大胆に間取りを変更しています。
その為、サッシ(窓)の位置もすべて変わってくる為、サッシも全箇所入替えし、それに伴って外壁も張替えています。
今回の工事で手を加えていないのは、瓦の部分だけです。
外観は、トタン貼りからサイディング貼りへと変わりました。
これにより、火災にも強く、メンテナンスもしやすくなりました。
色合いもモノトーンな色調で落ち着きのある雰囲気になりました。
また、玄関の前の部分に繋がるポーチはリビング前のテラスと一体化して
広々としたスペースになりました。

外観写真1P1000785.JPG
_IMU8535.JPG_IMU8545.JPG

写真 NO.1  2階 洋室

元々2階の二部屋は建具で仕切られた和室と洋室でした。
個室を作る為に間仕切り壁を作りました。

P1020528.JPG_IMU5736.JPG

写真 NO.2  2階 洋室

それぞれの個室に収納を設け収納力も大きく。部屋全体の色調も明るくなりました。

P1020522.JPG_IMU5720.JPG

写真 NO.3  玄関

もともとあった玄関の位置を変えました。
開口巾が大きく、広々と使える3枚引き戸に変更する為に、
構造上必要な柱と干渉しない様に元々開口(窓)があった部分に
玄関を移設しました。

P1020507.JPG
_IMU5606.JPG

写真 NO.4  リビング

もともと階段がスケルトンの状態でしたが、気密性を高める為に階段室を設けました。
建具をつけることで、2階からの冷気を防いでいます。
また、お子様が一人で階段を上るのも防げます。

P1020514.JPG_IMU5650.JPG

写真NO.5 リビング

もともと洋室、一部屋だった部分にキッチンを据えて小上がりの畳コーナーを設けてLDKとしました。

P1020536.JPG_IMU5641.JPG

写真NO.6 キッチン

キッチン側から小上がりの畳コーナーを眺める事ができ、小さいお子さんと目を合わせながら料理することができます。

_IMU5634.JPG

写真NO.7、No.8、No.9 畳コーナー

小上がりの畳コーナーの下、階段下にも余す事無く収納を設けています。
お子様のおもちゃを入れるのにピッタリです

_IMU5673.JPG_IMU5773.JPG

写真NO.10 洗面所

もともと和室だった部分に洗面室、浴室を設置しました。
洗面室は明るく清潔かんがあるように、浴室は少し暗目の落ち着きのある雰囲気になりました。

P1020538.JPG_IMU5560.JPG

写真NO.11 浴室

浴室はもともと和室の押入れのあった部分に設置されました。
構造上窓は小さ目になってしまいましたが、
お風呂は1621(1.25坪)サイズを採用し、
お子様と一緒に、ご家族でくつろげる空間へと変身しました。

P1020504.JPG_IMU5549.JPG

写真NO.12 トイレ

トイレはもともと玄関のあった部分に設置されました。
玄関のドアがあった部分に窓を設け、広々とした空間へと変身しました。
これなら小さいお子さんと一緒にトイレに入っても窮屈な思いはしなくて良いです。

P1020506.JPG_IMU5566.JPG

いかがでしたでしょうか。
随所にお客様のこだわりを感じて頂けたと思います。
骨組みだけを残して、全て新しい物に換えるので、ほとんど新築と同様になるので、
立替をご検討される方も見えるかも分かりませんが、一つは愛着、一つは金額、
様々な事情があるとは思います。
大規模なリフォームをお考えの方は、まずはお客様の希望が叶えられるかが一番重要になると
思います。この壁は抜けるのだろうか?、この柱は?法律的には大丈夫?などなど
専門的な知識が必要となってきます。
まずは、お気軽にご相談ください。

記事:大西

ご相談・お問合せはこちら

フリーダイヤル:0120-939-878

メールのお問合せはこちら